激痛と恐怖の叫び【痛い体験談】

    カテゴリ: 痛い体験談

    昔、精肉工場で働いていましたが、やっぱり怪我が多かったんです。
    特に挽肉ラインの人は必ずどこか怪我していました。
    私が働いていた時も、小さな挽肉の機械(あまり大量に作らない種類の挽肉はこれで作ります)を操作していたはずのマネージャーが、いつの間にかいなくなっていたので不思議に思っていると、どうやら機械に指を挟み込んで、人肉入りの鶏挽肉を作ってしまったとのことでした。
    【挽肉ライン】の続きを読む

    私は以前は電車の運転士をしていました。
    そのときに、一度だけ人身事故に遭遇したことがあります。
    場所は年に10回は自殺のある有名な踏切で、その人もやはり自殺だったようです。
    そのとき俺は特急を運転していました。
    その踏切の手前には特急の通過駅があって、結構なお客様がホームにいたので、警笛を一声鳴らして通過した直後、その先の踏切に急に人が入って来たんです。 【特急通過駅】の続きを読む

    聞いた話ですが、製紙工場とか、化学薬品工場とかもヤバい話が多いらしいですね。

    ある製紙工場では、休憩に入る前に工員を点呼したら一人足りなかったそうで。
    全員でどこを探してもいなくて、不思議に思っていると、工場内で出来上がってきた紙のロールに、ポツポツと赤い染みが…。 【製紙工場の噂】の続きを読む

    大阪の某社で勤めていたんですが、限界を超えた人は凄まじい行動に出る、というシーンを目撃したことがあります。
    私はそれがトラウマで転職してしまいました。

    当時の職場はプレスチックの成形工場でした。
    プラスチック成形機の金型ってごぞんじですか?
    その時の成形機は、大きな金型が左右からプレスされ、その中にプラスチックの原料を流し込み、金型が開くと成形された商品が出来上がる、というものでした。 【プラスチック成形機】の続きを読む

    昔スーパーの鮮魚に勤めていたんですが、鯛の骨が親指に刺さったまま3ヶ月やり過ごしたことがありました。
    自分ではそんな事は露知らず、毎日仕事と学校に明け暮れていたんですが、ある日の晩、急に親指が痛みだし、余りの激痛に耐え兼ねて、カミソリで親指の腹を切ったところ、大量の膿にまみれて、鯛の背骨がビュルッと出てきました。 【鯛の骨】の続きを読む

    ある街の缶詰工場で実際に起こった痛ましい事故です。

    R市にある缶詰工場で、従業員が大釜に閉じ込められ、蒸し殺されるという事故がありました。
    ある日の正午頃、従業員の男性(36)が清掃のため大釜の中に入り込んだ時に起こりました。 【忘れられた男】の続きを読む

    このページのトップヘ