物凄く寒い真冬のある日。
塾に行く途中に缶コーヒー買ったわけです。
塾に着いて何を思ったのか、これは帰りに飲もうと思い、塾の教室にあった石油ストーブの上に置いたわけです。

で、真面目に勉強して2時間。もちろん缶コーヒーはストーブの上に2時間。
さてコーヒー飲んで帰るかと、軍手をして缶コーヒーを開けました。

すると、缶コーヒーが突然爆発!ものすごい勢いで約100℃のコーヒーが早く飲んでくれと言わんばかりに俺の顔に吹きかかってきました。
理科が好きな人は判ると思います。大気圧です。

沸騰した缶コーヒーの約3分の2が顔にかかってしまい、顔面大やけど。
その後、10日間は顔面包帯でミイラのような俺の顔でした。
みなさん。冬の日と缶コーヒーにはご注意を。