37歳の専業主婦です。
私はもともと滲出性中耳炎にかかっている上に、2010年に左耳に急性中耳炎も患いました。
幼い頃左耳が中耳炎になった事があり、たまに耳の奥に水が溜まった様な症状が起こり、聞こえ辛くなる事がありました。
それでも、時間が経てば治っていたので何もせずにいたのですが、ある時、症状が長引き、治る兆しが見えず耳鼻科に駆け込みました。
医者曰く「滲出性中耳炎にかかっている」との事。
その時は抗生物質などの薬をもらい、服用したら治ったので事なきを得ました。

ですが、妊娠の時と出産後半年くらいの頃に再発してしまい、近くの耳鼻科で診察し、切開の処置をしてもらいました。
更に、出産後の再発を機に定期的に症状が出て、鼓膜を切開という事を何度も繰り返す状態になってしまいました。

ある日、お風呂でシャワーを使って洗い流していたのですが、その時、左耳に水が入ってしまいました。
すぐに水を抜きましたが、実はこの時に水の抜き方が甘かったようでした。
次の日に耳の奥に痛みを感じたので、痛み止めを服用しましたが、治るどころかどんどん痛みは強くなり、夕方には激しい痛みに立っていられなくなり、のたうちまわる程の激痛が耳を襲ったのです。

救急車を呼んでも、救急外来には耳鼻科はいないと思い、痛みに耐えながらネットで調べて、車で30分くらい行った耳鼻科のある夜間診療所に、主人に急いで連れていってもらいました。
その夜間の耳鼻科に向かう車中で、左耳から膿の様な黄色い液体が大量に流れ出してきました。
その液体が出た後、激痛は少しだけ弱くなりました。

耳鼻科医に今までの経緯を説明すると、応急処置として鎮痛剤や抗生物質などを処方され、耳には脱脂綿をつめてもらいました。
次の日、かかりつけの耳鼻科に行きましたが、症状は快方に向かっているので、薬はそのまま飲み続けてください、との事でした。
とりあえず、痛みは耳の中の膿が流れだしたのがよかったようで、その後は再発はしませんでしたが、この経験を境に耳鳴りが発生し、消えなくなってしまいました。
急性中耳炎は、風邪を引いた時に、合併症として大人でもかかる可能性がある病気だそうです。
少し痛いな、耳がおかしいなと思ったら、すぐに耳鼻科にかかりましょう、早期発見が大事です。