昔、精肉工場で働いていましたが、やっぱり怪我が多かったんです。
特に挽肉ラインの人は必ずどこか怪我していました。
私が働いていた時も、小さな挽肉の機械(あまり大量に作らない種類の挽肉はこれで作ります)を操作していたはずのマネージャーが、いつの間にかいなくなっていたので不思議に思っていると、どうやら機械に指を挟み込んで、人肉入りの鶏挽肉を作ってしまったとのことでした。

もちろん、中の挽肉は全て廃棄。新しく作り直し。
後日、マネージャーの指を見たけど1本丸ごと持って行かれたわけではなかったみたいで(指の先を切り落としたみたい)ちょっと安心しました。

ちなみに同じ会社に製麺ラインもあったんですが、そこに入ったばかりの新人が、製麺機に何かが引っかかったみたいで手を入れて取り出そうとしました。
もちろん、機械に手を入れる際は機械を止めなくてはいけないんですが、けっこうみんな習慣で面倒だからそのまま手を突っ込むらしいんです。
でも彼はそれにで指3本を失ってしまいました。

まだ入社して半年もしていない頃の出来事。
本人はしっかりした性格らしく、その後も仕事を続けたようですが、同期入社の新人は耐えきれずに辞めていきました。
まあ、気持ちはわかります。