自転車に乗ってる時に急な下り坂でバランスを崩し、片足だけが地面に付いたまま止まれず、十数メートルほど走行して顔面からダイブ。
そのまま勢いで顔を地面にズリリリッとこすりつけ、枯れ木に突っ込んだんです。
上の前歯が全て内側にめり込み、左目の上、鼻と唇、顎の皮がベロンと剥ける状態に…。

そして足首をひねり、アスファルトとの摩擦で皮が摩り下ろされたようになっていました。
右腕も摩擦で掌の皮がぷっくら膨れ上がって、凄まじい熱を帯びていました。
しかも腹部を見ると、木の枝が深くブッ刺さってるんです。
痛みに溜まらずうめき声を出した俺。

たまたま近くに住んでいた方が物音に気が付いて家から出てきたんだけど、俺を見た瞬間「ヒィッ!」という声を出しながらも救急車を呼んでくれました。

足首は骨折、腹部の傷は腸まで達していて3ヶ月も入院するハメに。
あれはに本当に痛かった…。 

それ以来、坂道はなるべくゆっくり下るように気をつけています。