激痛と恐怖の叫び【痛い体験談】

    昨年の夏、友人の家で飲んでいた時の話。
    酔った勢いで友人宅の飼い犬の柴犬とふざけていたら、急に柴犬にがっつりと左腕噛まれました。
    小型の、いわゆる豆柴?くらいのサイズでしたが、そこはやはり犬。
    うなりをあげてガッチリと噛み付いており、友人が叱ったりしてもなかなか離しません。 【猛犬注意】の続きを読む

    あんまり痛くない話ですいません。
    5歳の頃の話です。

    机やテーブルではなく、床に折り紙を置いてカッターナイフでザクザクと切っていたら、勢い余って右足首の外側を4cmくらい切ってしまったことがあります。
    ダラダラと血は流れて大泣きする中、やけに冷静な母が傷口を指でグイッと押し広げて見せて 【ほら!骨が見えてるよ】の続きを読む

    小学生の頃の話。
    私はアホな小学生でした。

    完全な小学生の思いつきで、カッターで指の爪を削ることにチャレンジしたくなりました。 
    しかも伸びた爪の先ではなく、爪の背にあたる甲(?)の部分。 

    爪の背にカッターを水平にあて、スッスッと動かして一生懸命、爪の薄切りを削りだしていました。  【カッターチャレンジ】の続きを読む

    うちの母の話です。
    そうめんを茹でた後、しばらく鍋を放置していました。
    そうめんを茹でた鍋の底に、何本か麺が残ってしまうことってありますよね。
    母は洗い物をしようと、鍋肌にこびりついたカッチカチのそうめんを親指の爪でこそげ落とそうとしたところ、思わず手が滑り、そうめんが親指を貫通。 【母の茹でたそうめん】の続きを読む

    このページのトップヘ